【入門 Vol.5】リードについて&選び方〜音を出してみよう

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯講座リスト

0:00:03
みなさんこんにちは、第5回はリードについてお話したいと思います。リードにはいくつか種類があります

0:00:12
まずはこちら、メーカですね。バンドレン、リコ、上二つが比較的どこの楽器屋さんでもたくさん売ってると思います

0:00:25
同じバンドレンでも青い箱、銀色の箱、黒い箱、また別の種類の箱があると思いますが、青いトラディショナルと書かれた箱が、一番スタンダードモデルになっているのでおすすめです

0:00:45
次にリーダーの厚さについてお話します

0:00:49
リードは厚さに番号がふってあって、薄い方から順に2半、3番、3半、4番、これより上もあることがあります

0:01:07
初めて楽器を吹く方には、一番薄い、2半、2と1/2をおすすめします

0:01:16
少し慣れてきたら3番、物足りないなと思ったら3番もしくは3番、もしくは3と1/2、3半に番号を上げていただけると吹き方、吹きやすさが変わると思います

0:01:33
リーダーを選ぶときは一枚一枚吹き比べるのが一番いいんですけれど、他にもいろんな選別の仕方があります

0:01:45
基本的には繊維の並び方が均一になっているものが吹きやすいといわれています。リードをヤスリで削って調整したりするやり方もありますが、こちらは習得するまで時間がかかったりするのであまりお勧めしません

0:02:04
大体どのリードも2500円〜3000円程度で買えると思います

0:02:09
自分にあったメーカーの、自分にあった厚さのリードを選んで試してみてください

0:02:19
第5回、リードについてこれで終わります。ありがとうございました

リードの種類

各メーカー、箱の色によって種類が様々

-メーカー-

・バンドレン・・・トランディショナル[青い箱](一番スタンダードなリード)
・リコ

 

リードの厚さ

薄い方から順に番号がある

・2半、3番、3半、4番〜
・初めての場合は2半(2・1/2)がおすすめ
・慣れてきたり、物足りない場合は番号をあげる

リードの選び方

・繊維が均一なものを選ぶ
・ヤスリで削るのはダメ

価格帯

・2500~3000円

 

◯入門

1. クラリネットとは-歴史と種類
2. 組み立て方・各部の名称を覚えよう
3. 楽器のお手入れをしよう
4. アンブシュア&楽器を正しく構えよう
5. リードについて&選び方〜音を出してみよう
6. タンギング〜音を出してみよう
7. 低音域〜音を出してみよう
8. 中音域〜音を出してみよう
9. 挑戦!高音域〜音を出してみよう
10. ラとシ&まとめ

◯初級

11. “聖者の行進”を吹いてみよう♪
12. 高音域で”聖者の行進”に挑戦♪
13. ジャズの名曲”枯葉”を吹いてみよう♪
14. 替え指に注意!”枯葉”で練習してみよう♪
15. 「#」と「b」がつく半音階と替え指
16. とっても大事な半音階と替え指 その2
17. 替え指のルール「同じ指を使わない!」
18. 基礎練!スケールを吹いてみよう♪
19. 基礎練!アルペジオを吹いてみよう♪
20. クラリネット講座のジングルを吹いてみよう♪

◯中級

21. 難しい運指を練習してみよう♪「ソラシド」
22. つまずきやすい運指「半音階」
23. 音程(ピッチ)が合わない!?音程チェックのやりかた
24. タンギングマスターへの挑戦!!「練習法」
25. タンギング、ピッチ、リズム、全て含むフレーズを吹いてみよう

◯上級

26. 「ビブラート〜ムーンライトセレナーデで練習!」特殊奏法編
27. 「ピッチベンドアップ・ダウン〜ペンタトニックで練習!」特殊奏法編
28. 「ポルタメント〜ラプソディー・イン・ブルーで練習!」特殊奏法編
29. 「シの音!〜シング・シング・シングのソロの最後の高音!」特殊奏法編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です