【Q&A トロンボーン】音を出すと、「すー」という音が鳴ってしまいます。

【質問】
音を出すと、「すー」という音が鳴ってしまいます。

音を出すと、すーという音が鳴ってしまいます。楽器のせいではないと思うのですが、どうしたら良いでしょうか。

 

【回答】
息を吐いた時に唇がきちんと振動していないと「すー」という音が混じることがあります。

原因はいくつか考えられます。

・口に力を入れすぎている(唇をぎゅっと結んでいる)
・唇の上下が離れてしまっている

唇の上下は自然に閉じ「ぎゅっとは締めないけど、ぴったりとくっついている状態」が理想です。 唇をぴたっと閉じた状態で息を吐くと真ん中に穴(息の通り道)が自然に空いて、楽器を吹く時はそこから振動(音)が生まれます。

良い音を出すためには、この穴を潰さないように吹くことが大切なのです。

唇は左右に(外側に)引っ張らないこと。軽く内側に寄せてあげるようにすると良いかもしれません。ただしタコの口のように 「うーーっ」と突き出さないよう注意が必要です。

イメージとしては、口に含んだ種のようなものを「 ぷっ!」と遠くまで飛ばす時のような口の形です(もしかしたら人それぞれ違うかもなので、伝わりづらかったらすみません;)。

マウスピースも同じで、唇に押しつけすぎず、でもぴったりと密着していることが大切です。 マウスピースと唇の間から息が漏れていないかなどもチェックしてみてください。

上記のことは一例ですので、細かいところは直接音を聴いてみないとわからない部分もありますが、回答が参考になれば幸いです。

 


アドバイス担当:島田直道

1985年生まれ。栃木県出身。
高校からトロンボーンを始め、昭和音楽大学短期大学部 と専門学校 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現:尚美ミュージックカレッジ)を卒業。

現在はアーティストのバックバンド、レコーディング、トロンボーン講師、執筆などで活動。

また、サルサなどラテン音楽の専門家としても研鑽を積み、これまでLA-33 (コロンビア)、Yumuri (キューバ)、HERMANOS YAIPEN(ペルー)、Charanga Habanera (キューバ)、Victor Manuelle (プエルトリコ)、Maykel Blanco y su Salsa Mayor (キューバ) など、ラテン・アーティストの来日公演にてオープニングアクト等出演。Marcelo Villar (ex-Mayimbe)、Juan Carlos “El Lobo de la Salsa” (ex-Adolecentes Orquesta) 、N’Samble 来日公演ではバックバンドも務める。

10人編成サルサバンド ORQUESTA REGULUS (オルケスタ・レグルス) リーダー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です