【Q&A トロンボーン】2番パートを担当しています。担当する上で気をつけることはありますでしょうか。

【質問】
2番パートを担当しています。担当する上で気をつけることはありますでしょうか。

今度のコンクールで2番パートを担当することになりました。どんなことに気をつけて吹けばよいでしょうか。アドバイスお願いいたします。

 

【回答】
1番パートの音を聴き、同じくらいの「音量」「音圧」で服用にしましょう。

2番や3番パートを吹く時は、1番パートの人の音をよく聴いて「同じくらいの音量、音圧(わからない場合はまたおんがっこーにLINE@から質問してください)」で吹くようにしてみると、より音が合いやすくなります。

その上で音程をなるべく正確に取れるよう練習してみてください。 また、どんな曲を吹く時でも、常に「自分が出せる一番良い音」で演奏することを心がけてみてください。

下記の動画も参考にしてみてください。 

【初級 Vol.13 】音のコントロールに大事な “息と音の関係”

 

講師への質問はLINE@へ
友だち追加

アドバイス担当:島田直道

1985年生まれ。栃木県出身。
高校からトロンボーンを始め、昭和音楽大学短期大学部 と専門学校 東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現:尚美ミュージックカレッジ)を卒業。

現在はアーティストのバックバンド、レコーディング、トロンボーン講師、執筆などで活動。

また、サルサなどラテン音楽の専門家としても研鑽を積み、これまでLA-33 (コロンビア)、Yumuri (キューバ)、HERMANOS YAIPEN(ペルー)、Charanga Habanera (キューバ)、Victor Manuelle (プエルトリコ)、Maykel Blanco y su Salsa Mayor (キューバ) など、ラテン・アーティストの来日公演にてオープニングアクト等出演。Marcelo Villar (ex-Mayimbe)、Juan Carlos “El Lobo de la Salsa” (ex-Adolecentes Orquesta) 、N’Samble 来日公演ではバックバンドも務める。

10人編成サルサバンド ORQUESTA REGULUS (オルケスタ・レグルス) リーダー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です