【Q&A クラリネット】どうすればキレイな音になりますか?

【質問】
どうすればキレイな音になりますか?

もっと綺麗な音にしたいのですが、どんなことに気をつければよいでしょうか?

 

【回答】
アンブシュア・息・音のイメージに気をつけると良いでしょう

キレイな音というのが個人によって基準が異なることもあると思いますが、私が考えるキレイな音という意味においては、下記三点を意識してみてはいかがでしょうか。

・アンブシュア(口元)が安定していること

・息がまっすぐはいっていること

・理想の音が頭の中にあること

自分の音を録音(スマートフォンなどでも構いません)して、聞き返し、理想の音に近いかどうか確認するのがオススメです。

聞いてみた結果、「セッティングがあっていない」、「奏法が違う」などで今後練習することが変わってくると思います。

 

講師への質問はLINE@へ
友だち追加

 


アドバイス担当:幸野あかね

1988年12月12日千葉県出身。

中学の吹奏楽部でクラリネットを始め、高校生の時、鈴木章治&リズムエースの『鈴懸けの径』を聴いてジャズに興味を持つ。

洗足学園音楽大学ジャズコースにてジャズクラリネットを谷口英治氏、テナーサクソフォンを中村誠一氏に師事。2011年3月同大学を卒業。

学生時代よりライブ活動やカフェ、レストラン等でのBGMなど演奏活動を開始。2015年3月、株式会社ウィンズスコアよりクラリネット六重奏『Stardust』を出版。都内近郊を中心にレッスンや、自己のバンド、ジャズクラリネットアンサンブル『MJQ+』他、小中高校生へのクラリネット指導など幅広く活動している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です