【中級 Vol.21】難しい運指を練習してみよう♪「ソラシド」

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯参考・関連動画◯講座リスト

※(動画ではシの運指が「親指で後ろを二つ押さえる」表記が抜けてしまっております。本記事では表記を修正してあります。謹んでお詫び申し上げます。)

0:00:04
みなさんこんにちは、クラリネット講座を担当します、幸野あかねです。今回から中級編に入ります。第一回はつまずきやすい運指のご紹介をします

0:00:15
クラリネットで一番つまずきやすい運指は、ラからシにいくところ。今回はここの運指のポイントをご紹介します

0:00:24
ラを吹く時、一番押さえるところが少ないです。そしてシにいくと、全ての穴を押さえて小指も押します

0:00:33
この時にポイントが、ラを吹く時、右手を押さえておいてシにいくということです

0:00:41
ラの運指から右手、こちらを押さえてシにいきます

0:01:02
私の右手部分が動いてないのが見えましたか?同じような感じでソの時も何も押さえない運指ですが、右手、下を押さえて吹くことができます

0:01:29
次はラシドをやってみましょう

0:01:46
最後ソラシドを練習しましょう

0:02:06
この三つの練習をゆっくりのところから自分ができる限界の速さまでやってみましょう

0:02:16
以上でクラリネット講座中級編第一回を終わります

クラリネットで一番つまづきやすい運指

ラからシにいく運指

・ラは押さえるところがとても少ないが、次のシは全ての穴を押さえ、さらに小指も使うため押さえにくい

ラとシの運指の確認

「ラ」

◯左手

人差し指(涙型のキー)

 

「シ」

◯左手

親指(後ろ二つ)
人差し指
中指
薬指
小指(外側のキー)

◯右手

人差し指
中指
薬指
小指(上段の下)

ラからシの運指のポイント

・ラを吹いてると時に右手だけシの運指を押さえておく

 

ソラシの運指でも使える

・ソは何も押さえない運指だが、シの右手を運指を押さえておくことができる
・このため押さえる場所が少なくなり運指がスムーズになる

ラシド・ソラシドでも練習してみよう

◯ラシド
ラの時、シの右手を押さえる

◯ソラシド
ソの時、シの右手を押さえる


 

◯入門

1. クラリネットとは-歴史と種類
2. 組み立て方・各部の名称を覚えよう
3. 楽器のお手入れをしよう
4. アンブシュア&楽器を正しく構えよう
5. リードについて&選び方〜音を出してみよう
6. タンギング〜音を出してみよう
7. 低音域〜音を出してみよう
8. 中音域〜音を出してみよう
9. 挑戦!高音域〜音を出してみよう
10. ラとシ&まとめ

◯初級

11. “聖者の行進”を吹いてみよう♪
12. 高音域で”聖者の行進”に挑戦♪
13. ジャズの名曲”枯葉”を吹いてみよう♪
14. 替え指に注意!”枯葉”で練習してみよう♪
15. 「#」と「b」がつく半音階と替え指
16. とっても大事な半音階と替え指 その2
17. 替え指のルール「同じ指を使わない!」
18. 基礎練!スケールを吹いてみよう♪
19. 基礎練!アルペジオを吹いてみよう♪
20. クラリネット講座のジングルを吹いてみよう♪

◯中級

21. 難しい運指を練習してみよう♪「ソラシド」
22. つまずきやすい運指「半音階」
23. 音程(ピッチ)が合わない!?音程チェックのやりかた
24. タンギングマスターへの挑戦!!「練習法」
25. タンギング、ピッチ、リズム、全て含むフレーズを吹いてみよう

◯上級

26. 「ビブラート〜ムーンライトセレナーデで練習!」特殊奏法編
27. 「ピッチベンドアップ・ダウン〜ペンタトニックで練習!」特殊奏法編
28. 「ポルタメント〜ラプソディー・イン・ブルーで練習!」特殊奏法編
29. 「シの音!〜シング・シング・シングのソロの最後の高音!」特殊奏法編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です