【中級 Vol.23】音程(ピッチ)が合わない!?音程チェックのやりかた

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯参考・関連動画◯講座リスト

0:00:04
皆さんこんにちはクラリネット講座を担当します、幸野あかねです。中級編第3回は音程のチェックをしてみましょう

0:00:13
クラリネット初級・中級あたりまで吹けるにお悩みが多いのが音程が悪いということです。

0:00:20
この音程の悪さが自分によるものか楽器によるものか、理由はそれぞれあると思いますが、ひとまず目安の音をとっていただいて、こちらで音程のチェックをしてみましょう。

0:00:33
まず目安となる音はこのソ#、クラリネットでいうソ#の音です

0:00:39
まずはマウスピースとバレルだけでこの音を出してみましょう

0:00:44
マウスピースとバレルとこちらだけですね

0:00:47
このときチューナー、もしくはチューニングアプリなどがあればそちらを使ってください。これだけで吹くと自然とソ#の音が出るはずです

0:00:58
一度吹いてみます

0:01:07
もしこのときチューナーやチューニングのアプリをみてソ#より高い、もしくは低いというのが判別したらアンブシュアを疑ってみましょう

0:01:19
またリードやリガチャーのセッティングによっても大きく変わることはあるので、その日のコンディションも影響すると思います

0:01:28
まずは楽器を組み立てたらこの音をチェックしてみるといいと思います

0:01:32
それでは、まる1、マウスピースとバレルだけでソ#があったと仮定して先へ進みます

0:01:40
ここで音程があったらそのまま楽器本体をつけて同じソ#の音を吹いてみましょう

0:01:50
まる1で吹いた時とまる2で吹いた時と音程の差があまりないようにできると程よいアンブシュア、自分にとって良いセッティングになっていると思います

0:02:02
この目安の音が、音程がしっかりとあってから今度は全音域で音を調整してみましょう

0:02:10
下にいって後ろのレジスターキーをはずします。そうするとド#の音がでます。この音を合わせてみましょう

0:02:26
次はドのナチュラル、小指をはずします。

0:02:35
ドを吹いたまま今度はレジスターキーを押してソに上がります。ここはドからソは吹きっぱなしです。

0:02:53
上がったソが合ったら、さらに上のドに上がります。この時、ソからドの間、ラとシの音を入れてソラシドととつなげて吹いて下さい

0:03:12
ドの音が合ったらもう一度ソに下がります。下がる時もシとラの音を入れて上げてください

0:03:28
ソから真ん中のドに下がります。また間の音、ファミレを入れて吹いてください

0:03:43
次の下のソに下がります。この時も間、シとラを入れます

0:03:56
ソからさらに下のドに下がります。間の音、ファミレをいれてください。

0:04:10
ドからもう一個下のソへ下がります。シラも吹いてください

0:04:22
ここの一番低いソまで下がってきたらレジスターキーを押して上のレに上がります。この時ソからレは吹きっぱなしです

0:04:42
レがあったら次はシ、この時はあいだの音をいれなくても結構です

0:04:55
シから最後ドに戻ります。この時もそのまま上がってください。

0:05:08
チューニングとしては長いですが、一連の流れをちょっとつなげてみます。まる1、まる2、ド#、ド、上がってソ、ド、ソ、ド、ソ、ド、ソ、上がってレ、シ、ドで終わります。続けてやってみます

0:06:03
このような感じになります。息が足りなくなったら途中で吸って、吸ったところはもう一度綺麗に吹き直して始めてください。

0:06:13
これでほぼ全音域のチェックができると思うので音域によって低いところ高いところがでてくると思います。

0:06:21
それが楽器のせいであれば自分で調整する必要がありますのでアンブシュアを緩めたり、ちょっと締めてみたりして調整できるようにしましょう

0:06:31
以上で中級編第3回終わります

音程チェックの方法

音程が合わないのが楽器なのか自分の吹き方なのかを調べる

1. マウスピースとバレルだけ
2. 本体をつけて

「1.マウスピースとバレルだけ」目安の音はソ#

マウスピースとバレルだけで吹くとソ#の音がでる。これを音程を比べる基準の音にする

・持っている場合はチューニングメーターなどを使用する
・この時、音程が合わない場合はアンブシュアやリード・リガチャーのセッティングをみてみる

「2.本体をつけて」

本体につけて同じソ#を吹く。この時、音程差があまりない場合は自分にとっての良いセッティング。

全音域でのチェック


基準となる音(ソ#)があったら全音域でチェックをする。ソ#からレジスターキーを外すとド#の音になる。そこから下記のように吹く

ド# → ド →【高音】ソ →(ラシ)→【高音】 ド →(シラ)→【高音】ソ → (ファミレ)→【真ん中】ド →(シラ)→ ソ →(ファミレ)→ ド→(シラ)→ 【低音】ソ →【真ん中のドの上】 レ → シ → 【真ん中】ド

注意点

・【高音】ソ →【高音】 ドは間にラ・シを入れる
・【高音】ド →【高音】 ソは間にシ・ラを入れる
・【高音】ソ → 【真ん中】ドは間にファ・ミ・レを入れる
・【真ん中】ド → ソは間にシ・ラを入れる
・ソ → ドは間にファ・ミ・レを入れる
・ド →【低音】ソは間にシ・ラを入れる
・ド →【高音】ソ は吹きっぱなしにする
・【低音】ソ →レ は吹きっぱなしにする
・息が足りなくなったらそこから吹き直す。


◯入門

1. クラリネットとは-歴史と種類
2. 組み立て方・各部の名称を覚えよう
3. 楽器のお手入れをしよう
4. アンブシュア&楽器を正しく構えよう
5. リードについて&選び方〜音を出してみよう
6. タンギング〜音を出してみよう
7. 低音域〜音を出してみよう
8. 中音域〜音を出してみよう
9. 挑戦!高音域〜音を出してみよう
10. ラとシ&まとめ

◯初級

11. “聖者の行進”を吹いてみよう♪
12. 高音域で”聖者の行進”に挑戦♪
13. ジャズの名曲”枯葉”を吹いてみよう♪
14. 替え指に注意!”枯葉”で練習してみよう♪
15. 「#」と「b」がつく半音階と替え指
16. とっても大事な半音階と替え指 その2
17. 替え指のルール「同じ指を使わない!」
18. 基礎練!スケールを吹いてみよう♪
19. 基礎練!アルペジオを吹いてみよう♪
20. クラリネット講座のジングルを吹いてみよう♪

◯中級

21. 難しい運指を練習してみよう♪「ソラシド」
22. つまずきやすい運指「半音階」
23. 音程(ピッチ)が合わない!?音程チェックのやりかた
24. タンギングマスターへの挑戦!!「練習法」
25. タンギング、ピッチ、リズム、全て含むフレーズを吹いてみよう

◯上級

26. 「ビブラート〜ムーンライトセレナーデで練習!」特殊奏法編
27. 「ピッチベンドアップ・ダウン〜ペンタトニックで練習!」特殊奏法編
28. 「ポルタメント〜ラプソディー・イン・ブルーで練習!」特殊奏法編
29. 「シの音!〜シング・シング・シングのソロの最後の高音!」特殊奏法編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です