【初級 Vol.13 】音のコントロールに大事な “息と音の関係”

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯参考・関連動画◯講座リスト

0:00:08
こんにちは島田直道です。トロンボーン講座「初級編 第1回」は楽器を演奏する上でとても大事な「音と息の関係について」お話ししたいと思います

0:00:18
トロンボーンの音は息によって作られます

0:00:22
弱々しく息を吐けば弱々しい音になります

0:00:35
乱暴に息を吐けば乱暴な音になります

0:00:48
出したい音の高さや音量に対して適切な息で吹けば楽器は安定した音で鳴ってくれます

0:01:07
音というのはイコール息なんだということを覚えておいてください

0:01:12
そしてもうひとつ、音を作る上で重要な部分を紹介します

0:01:17
息を吐いた時にできる唇の穴、この穴のことを「アパチュア」といいます

0:01:27
息が通過する時この部分から振動が発生し音になります

0:01:32
演奏中アパチュアが潰れてしまうと息も通らなくなり、音も潰れてしまいます

0:01:39
高い音を吹こうとして音が潰れて

0:01:42
しまうのも、唇をギュッと締めすぎてアパチュアが潰れてしまうからです

0:01:47
このアパチュアを常に綺麗な形に保つことが上達のポイントになります

0:01:54
アパチュアに影響してくるのが口の支えとプレスです

0:01:59
息を吐く時に口を緩めすぎてしますと唇がうまく振動しませんが反対にギュッと締めすぎても上手くいきません

0:02:09
それから唇に対してマスウピースの圧をかけることをプレスといいますが、プレスが強いすぎるとアパチュアが潰れてしまいます。反対にプレスが足りないと唇の振動がうまく楽器に伝わりません

0:02:27
口の支えとプレス、この2つのちょうどよい加減を見つけることでアパチュアを綺麗に保つことができるようになります

0:02:35
それではトロンボーン講座「初級編 第1回」を終わります

音 = 息

◯弱々しく息を吐くと、弱々しい音になる

◯乱暴に息を吐くと、乱暴な音になる

◯出したい音の高さ・音量に対して適切な息で吹けば安定した音で鳴る

アパチュア

◯唇の上下を合わせて息を吐いた時、真ん中にできる穴のこと

◯息が通過する時、アパチュアから振動が発生し音になる

◯アパチュアが潰れると息の通り道がなくなく音も潰れる

◯アパチュアを常に綺麗に保つことが上達のポイント

アパチュアを綺麗に保つポイント

◯口(の周りの筋肉)は緩め過ぎず、締めすぎず

◯プレスし過ぎるとアパチュアが潰れる、反対にプレスが足りないと振動がきちんと楽器に伝わらない

◯口の支えとプレスのちょうどよい加減を見つけることでアパチュアを綺麗に保てる

※プレス:唇に対してマウスピースの圧をかけること

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です