【中級 Vol.23 】トリプル・タンギング

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯参考・関連動画◯講座リスト

0:00:05
こんにちは、島田直道です。トロンボーン講座「中級編 第3回」前回の動画ではダブルタンギングについてお話ししました

0:00:13
今回は3連符を演奏するための「トリプルタンギング」というテクニックをご紹介します

0:00:19
トリプルの場合、発音はta-ta-kaまたはta-ka-taになります

0:00:26
ダブルの時と同様da-da-ga、tu-tu-ku、du-du-guなど発音の選択肢はいろいろありますので、自分がやりやすいもの、そして演奏するフレーズに合ったものを選んでください

0:00:39
それではやってみます

0:00:50
ポイントはシングルダブルと同じです

0:00:53
音符は細かいですが、焦ったり力んだりせず落ち着いて発音してください

0:00:59
ta-ta-kaの「ka」の時、音がぼやけやすいので「ta」と同じようにハッキリと音が区切れるように練習してみてください

0:01:08.640,0:01:12.050
練習方法は前回ご紹介したものと同じです

0:01:12.050,0:01:16.610
ta-ta-ka、ta-ta-ka、ta-ta-ka、と少しずつ音を増やしていきましょう

0:01:16.610,0:01:21.260
ta-ta-ka-ta-ta-ka、ta-ta-ka-ta-ka-ta、ta-ka-ta-ta-ka-ta

0:01:21.260,0:01:26.460
「ka」が3つめにくるものと2つめにくるもの、両方バランスよく練習したほうが「ka」の発音が定着しやすいでしょう

0:01:42.010,0:01:46.350
舌をリラックスさせて息をしっかり流しながらやってみてください

発音パターン

◯ ta-ta-ka

◯ ta-ka-ta

発音(子音や母音)の種類

◯ta-ta-ka、da-da-ga、tu-tu-ku、du-du-guなど

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です