【入門 Vol.4 】片付け方

◯ポイントまとめ◯文字起こし◯参考・関連動画◯講座リスト

スワブの種類


サックス用のスワブがあるので、それを使用する

 

片付け方の順番


(1)ストラップを本体からはずす

 

(2)本体からネックをはずす

ネジを回してはずす。外したネックはテーブルなどに置いておく。

(3)スワブでサックスの中を拭く

・ベルの先端からスワブの重りを入れる。

・ベルからスワブの反対の紐が少しでているようにする

・その紐を押さえながらベルを持ちひっくり返す

・ネック部分から重りがでてきたらスワブを引っ張って中を拭く

(4)本体にキャップをする

本体のキー部分を保護するためのキャップ。

(5)本体をケースにしまう

キーを保護するキャップを忘れずにしっかりつける

(6)マウスピースからリードをはずす

リガチャーのネジを回してリードをはずす。この時リガチャーも一緒にはずす。マウスピースとネック、リガチャーは一旦テーブルなどに置いておく

(7)スワブでリードを拭き、リードケースにしまう。

・リードは湿っているのでスワブで水分を拭きとる。

・そしてリードケースにリードの根元から入れる。(先端から入れるとリードが欠けてしまうため)

(8)マウスピースをネックからはずす

・細い部分を持たないようにねじりながらはずす。

・外したらマウスピースはテーブルなどに置いておく。

(9)スワブでネックの水分を拭き取る

外側:コルクや本体との接合部分の水分を拭き取る

内側:本体の時と同じように太い方から細い方へスワブをとおす。

スワブを通したらネックケースにしまいます。

(10)マウスピースの水分を拭き取る

・リードを載せていた台の水分を拭き取る

・スワブを中にとおす

(11)マウスピースにリガチャーを取り付け、キャップをしケースにしまう

 

(12)ストラップを首からはずし、スワブと一緒にケースにしまう。

 

 

0:00:05
こんにちは。おんがっこーのサックス講師、鈴木悟です。第4回目の今回はサックスの片づけ方についてお伝えしたいと思います0:00:19
まずサックスは片付けるときにスワブという布を使います

0:00:30
スワブには布に両方に紐がついていて一方の先端には重りが付いています

0:00:40
これを管の中を通すことによって菅の中をきれいにします

0:00:48
まずサックスをバラします。ストラップから本体を外します

0:00:57
次に本体からネックを外します。ネックはネジを緩めてネジを回して外します

0:01:18
外したらネックは一度テーブルなどに置いておきます

0:01:28
次に左手に本体を持ち右手にスワブの重りの先端を持ちます

0:01:37
ベルの先端からスワブの重りを入れます

0:01:51
ベルの先端からスワブの反対の方の紐が少し出ているようにしておきます

0:01:58
ここを押さえてた状態で本体をひっくり返します

0:02:03
すると重りが下に落ちスワブのヒモが外に出てきます

0:02:11
このままスワブの紐を引っ張って中を拭きます。中を吹いたら本体にキャップをします

0:02:25
楽器を購入すると本体につけるキャップが付いてきますので、これを必ずつけるようにします

0:02:33
このキャップは本体をケースにしまうときに本体のこのキーの部分が曲がらないように保護するためのものです

0:02:45
キャップをしたらケースに本体をしまいます

0:02:52
次にマウスピースからリードを取り外します

0:02:58
リガチャーのネジを回してリードを取り外します

0:03:04
またこの時リガチャーも一緒に外してしまう

0:03:07
マウスピースとネックはいったんテーブルなどに置いておきます

0:03:14
またリガチャーもテーブルなどに置いておきます

0:03:21
リードは湿っているのでスワブで水分を拭き取ります

0:03:29
リードの水分を拭き取ったらリードをリードケースに入れます

0:03:36
この時リードの根元の方からリードケースに入れるようにします

0:03:43
先端から入れると先端がリードケースの端に当たってしまい、リードが欠けてしまいます

0:03:54
ケースにしまったら楽器のケースにしまいます

0:03:58
次にマウスピースをネックから取り外します

0:04:03
なるべく細い部分は持たないようしてねじりながら外します

0:04:12
一旦マウスピースは置いておきネックにスワブを通します

0:04:18
ネックは本体との接合部分とコルクの部分が水分が付いていますので、これも拭き取ります

0:04:30
次にネックにスワブを通します

0:04:37
本体の時と同じように重りをネックの太い方から細い方へ通します

0:04:50
この時スワブが絡まっているとネックを通らずに詰まってしまうので注意が必要です

0:05:04
スワブを通したらネックをケースにしまいます

0:05:10
次にマウスピースにスワブを通します

0:05:29
リードを載せてた台の部分も濡れていることがありますので、その部分も水分を拭き取ります

0:05:37
水分を拭き取ったらマウスピースにリガチャーを取り付けます

0:05:47
またマウスピースにはキャップが付属していますのでキャップを取り付けます

0:05:58
マウスピースとリガチャーにキャップをしたらこれをケースにしまいます

0:06:05
最後に首からストラップを外し、スワブと一緒にケースにしまって完了です

0:06:13
スワブについては様々な種類がありますが、最近はサックス用のスワブというものがありますのでそちらを使用すれば大丈夫です

0:06:24
以上で楽器の片づけ方を終わります。ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です