【入門 Vol.1 】クラリネットの歴史と種類

◯文字起こし◯ポイントまとめ◯講座リスト

00:03
みなさんこんにちは、おんがっこーでクラリネット講座を担当しています、幸野あかねです。第1回目の今日はクラリネットの歴史についてお話いたします

00:14
クラリネットは見ての通り木管楽器に属する楽器です。1700年頃、シャリュモーという楽器から派生したものになります。現在のこんな形になったのは1800年代後半と言われております

00:34
大きく分けて2種類の木の並び方があります。ドイツ式、エーラー式というものと、フランス式、ベーム式というものです。

00:49
日本で多く普及しているのはこちらのフランス式になります。シャルモーの頃は、ツゲという木材が使われていましたが、現在はグラナディア、ローズウッドの木材が主流になっています

01:04
私が持っている楽器もグラナディラでできています。こちら木材なので取り扱いが大変難しくなっています

01:14
クラリネットは移調楽器になるんですが、現在の主流になるまでにたくさんの楽器が作られました。

01:24
今一番多く使われているのが、Bb管(べーかん)、A管(あーかん)、Eb管(えすかん)の3種類です

01:33
私が手に持っているのかBb管、こちらの一回り小さいのがEb管、手元にはないのですがBb管よりも少し低い音が出る、A管という楽器が現在の主流になっています

01:50
クラリネットには他にもたくさんの仲間がいて、アルトクラリネット、バスクラリネット、コントラアルトクラリネット、コントラバスクラリネットなど様々な大きさでもっと低い音が出る楽器がたくさんあります

02:07
第1回目クラリネット講座、クラリネットの歴史については以上です。ありがとうございました

クラリネットの歴史

1700年頃・・・楽器シャリュモーより派生
1800年後半・・・現在の形になる

木の並び方

・ドイツ式(エーラー式)
・フランス式(ベーム式)・・日本で多く普及

使用木材

・グラナディラ・・現在主流
・ローズウッド・・現在主流

・ツゲ・・シャルモーの頃

特徴

・移調楽器
よく使われるもの・・・Bb管、A管、Eb管

他の種類

・アルトクラリネット
・バスクラリネット
・コントラアルトクラリネット
・コントラバスクラリネット

 

◯入門

1. クラリネットとは-歴史と種類
2. 組み立て方・各部の名称を覚えよう
3. 楽器のお手入れをしよう
4. アンブシュア&楽器を正しく構えよう
5. リードについて&選び方〜音を出してみよう
6. タンギング〜音を出してみよう
7. 低音域〜音を出してみよう
8. 中音域〜音を出してみよう
9. 挑戦!高音域〜音を出してみよう
10. ラとシ&まとめ

◯初級

11. “聖者の行進”を吹いてみよう♪
12. 高音域で”聖者の行進”に挑戦♪
13. ジャズの名曲”枯葉”を吹いてみよう♪
14. 替え指に注意!”枯葉”で練習してみよう♪
15. 「#」と「b」がつく半音階と替え指
16. とっても大事な半音階と替え指 その2
17. 替え指のルール「同じ指を使わない!」
18. 基礎練!スケールを吹いてみよう♪
19. 基礎練!アルペジオを吹いてみよう♪
20. クラリネット講座のジングルを吹いてみよう♪

◯中級

21. 難しい運指を練習してみよう♪「ソラシド」
22. つまずきやすい運指「半音階」
23. 音程(ピッチ)が合わない!?音程チェックのやりかた
24. タンギングマスターへの挑戦!!「練習法」
25. タンギング、ピッチ、リズム、全て含むフレーズを吹いてみよう

◯上級

26. 「ビブラート〜ムーンライトセレナーデで練習!」特殊奏法編
27. 「ピッチベンドアップ・ダウン〜ペンタトニックで練習!」特殊奏法編
28. 「ポルタメント〜ラプソディー・イン・ブルーで練習!」特殊奏法編
29. 「シの音!〜シング・シング・シングのソロの最後の高音!」特殊奏法編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です