【上級 Vol.26 】ベンドアップのやり方

◯ポイントまとめ◯文字起こし◯参考・関連動画◯講座リスト

ベンドアップ


・ベンド=曲げる という意味で、音を連続的に変化させていくこと

・ベンドアップは低い音から高い音へ連続的に音を変化させる奏法

やり方


・指をゆっくり動かす

押さえているキーを少しずつ開けていくことによって音程をすこしずつ上げる

・口を少し緩めて戻す

ベンドアップは低い音から高い音に音が変化するので、口を少し緩めて音程(ピッチ)を少し下げておく。

ピッチの下げ方は下記の動画で解説しています。

【初級 Vol.16 】ビブラートをやってみよう♪

 

0:00:04
今回はベンドアップについてお伝えしたいと思います。

0:00:06
ベンドアップというのはこういう演奏です

0:00:12
ベンドアップをする時のポイントは2つあります

0:00:15
指をゆっくり動かすというのはこういうことです

0:00:19
このようにゆっくり開けます

0:00:23
こうすることによってキーの塞がりが少しずつ開き、

0:00:27
音程が少しずつ上がります。

0:00:30
試しに吹いてみます

0:00:36
もう一つのポイントは口を少し緩めて戻すことです

0:00:39
低い音から高い音に音が移りますので、

0:00:42
その際に音程を少し下げておく必要があります

0:00:45
そのために口を少し緩めます。ピッチの下げ方については、

0:00:49
中級編第1回でお伝えしていますので、そちらを詳しく見てみてください。

0:00:54
これでベンドアップの説明を終わります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です