【上級 Vol.28 】グロウルのやり方

◯ポイントまとめ◯文字起こし◯参考・関連動画◯講座リスト

グロウルの音


グロウルとは


楽器を吹きながら声を出すことで音を濁らせること

 

演奏するときのポイント


・楽器を吹きながら声を出す

楽器の音だけではなく吹いてる音に、「アー」や「オー」などの声を出しながら吹く

・吹いてる音とは違う音を歌う

吹いてる音と同じを音の声を出すと濁らないので、違う音を歌うように吹き、音を濁らせる。

 

参考の動画


【Q&A サックス】グロウルをするときの声は何が良いでしょうか。

 

0:00:03
今回はグロールについてお伝えしたいと思います

0:00:07
グロールというのはこういう音です

0:00:13
少し濁った過激な音になったのがわかると思います

0:00:17
グロールは楽器を吹きながら声を出すことで音を濁らせる奏法です

0:00:22
ポイントは吹いている音とは違う音を歌うことです

0:00:26
吹いている音と同じ音を歌ってしまうとこのようになります

0:00:33
このように同じ音を歌ってしまうと音が寄らなくなってしまいます

0:00:37
最初は違う音を歌うことが難しいと思いますので、

0:00:43
一度声を出してみて声を上げたり下げたりして、

0:00:45
音が濁る様子を感じてみてください

0:00:49
以上でグロウルの説明を終わります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です