【 Vol.12 】テーブルキー – 低音を吹くコツ

◯ポイントまとめ◯文字起こし◯参考・関連動画

テーブルキーとは


・低い音などを出すときに使う、左手小指で押さえるキーのこと。下記の赤い部分。

低い音を吹くコツ


・噛む力を弱める

噛む力を強くすると、リードが振動しずらくなり音がひっくり返るため、弱く噛むことでリードを自由に振動できるようにする。

・息を下向きに入れる

サックスのマウスピースは構造上、息を上向きに入れると高い音が出やすく、下向きに入れると低い音が出やすい。

・楽器を調整に出す

キーなどがしっかりと閉まっていないことあるため、楽器屋さんに調整を出すのも良い。大体¥5000ほどで調整ができる。

 

ド#


 


 

 

シ♭


 

 

00:01
今回はテーブルキーと低い音を吹くコツをお伝えします

00:06
低い音を吹くときのコツは2つあります

00:11
一つ目は噛む力を弱めることです

00:14
低い音を吹くとリードが大きく振動しなければ低い音がなりません

00:20
そのため噛む力は強い状態で

00:24
低い音を吹くと高い音にひっくり返ってしまうことがよく起こります

00:31
噛む力を弱くしてリードが自由に振動できるようにしてあげることで

00:36
低い音を出しやすくなります

00:39
次に「息を下向きに入れる」です

00:43
サックスのマウスピースは息を上向きに入れると高い音が出やすく、

00:51
下向きに入れると低い音が出やすくなるように作られています

00:54
そのため息を下向きに入れるように気をつけることで

00:59
低い音が出やすくなります

01:01
最後にこれはコツではないのですが、楽器を楽器屋さんの調整に出すのも良いでしょう

01:09
サックスのキーが閉まっていないために低い音が出ないという問題があることがあります

01:16
楽器を楽器屋さんに持っていき、調べてもらうことで閉じていないキーがあるかどうかを

01:21
知ることができます

01:23
まただいたい5,000円ぐらいで調整に出すことができますので、

01:28
低い音が出にくい時は一度楽器屋さんに持って行ってみることをおすすめします。

01:33
次にテーブルキーについてお伝えします

01:36
まずドです

01:37
ドは、手の指に対して

01:41
右手の小指にある2つのキーの下のキーを押さえます

01:51
次にド#です

01:53
ド#はドの指に加えて

01:58
左手の小指のこのキーを押します

02:07
次にシです

02:09
シもド#と同様にドと同じキーをおさえて

02:14
このキーを押さえます

02:20
最後にシbです

02:23
シbもドのキーを押さえて、左手の小指は

02:28
一番下の大きいキーを押さえます

02:35
以上でテーブルキーと低い音を吹くコツを終わります

講座リスト

1. サックスの歴史と種類を知ろう
2. サックスのパーツ、持ち方
3. サックスの組み立て方
4. 片付け方
5. 構え方&置き方
6. サックスの吹き方
7. タンギングのやり方
8. 運指 その1”ドレミファソラシド”
9. オクターブキーを使った運指
10. 半音階の押さえ方
11. トリル・バッテリーと替え指
12. テーブルキー – 低音を吹くコツ
13. パームキー(レフトサイドキー) – 高音を吹くコツ
14. まずは指使いを覚えよう♪ “聖者の行進”
15. サックスにも大事!リズムを足でとろう!
16. コツはリズム!手でとってみよう♪
17. タンギングって何!?”レガートタンギング”
18. タンギングはひとつじゃない!”スタッカートタンギング”
19. ブレス!腹式呼吸を覚えよう♪
20. ビブラートをやってみよう♪
21. ♪まとめ♪それぞれの注意点!
22. ピッチの合わせ方
23. ダイナミクス(音の強弱)
24. ダイナミクスのコントロール
25. 速いフレーズの練習方法
26. 装飾音符 – ギリギリでふく!-
27. 良い音にする3つのコツ
28. 良い音にする練習。倍音を使った練習
29. フラジオの出し方・押さえ方
30. ベンドアップのやり方
31. グリスダウンとは
32. グロウルのやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です